2006/01/28


windowsエミュレータ(?)でwineというものがある。また、これをゲームに特化させたものとしてwinex/cedegaというものもある。たしかにスゴくて、wine上で動くOpenGL/DirectXを使ったwindowsアプリがバリバリ動いたりします。
DirectXはCOMだから想像しがたいですが、OpenGLならばAPIはEnumと変数だし、nativeのOpenGLライブラリへのコールにすげかえは、なんとなく想像がつく。
ちなみに私のマシンで、HalfLifeデモ、Tribesデモ、Quake3のTeamArenaデモが動作しました。ゲームの設定画面で若干軽くなるように設定してあげれば、なんとか遊べるものです。
スクリーンショットは取れませんでしたが、それほど荒くはない画面でした。


ちょこっと前から、mplayerplug-inのオフィシャルにパッチを送っている。
最近のmplayerplug-inでは殆どのコンテンツを再生できるようになった。
先日、<object>タグを<embed>に置き換え、mplayerplug-inで再生できるようにするextensionを作り、オフィシャルの送った。これって意外と需要ありそうに思うんですが、いかんせんどうやって宣伝したらよいのかわかりません。
mplayerplug-in


もうvimにパッチを送りつづけて何年になるんだろう。
最近は少しサボりぎみなので、もしかするとまたMB関連でバグが埋め込まれているかもしれない。
そろそろ活動再開しないといけないのは分かっているんだけど。
最近のvimは重過ぎて使いずらい。でもviしか使えない私としては、生きる道がこれしかなかったりと葛藤中。
だれか新しいviクローンつくってくれないものか・・・。
gvim_chalice