2006/01/31


Tags:blosxom, plugins blosxom では、エントリとCGI、はたまたflavourが独立できるように作られているようです。
エントリは、ディレクトリをそのまま圧縮して別のサイトに持っていくこともできます。つまり、画像のリンクやファイルのリンクも後の為に動的に動くべきではないか?という人の為にpluginを作ってみました。
    コメントタグにて画像の参照タグを生成できます。
    エントリ内に
    <!-- imageref hoge.jpg -->
    と記述します。
    また、サムネイル画像からの実リンクを生成したい場合は、
    <!-- imageref thumb:hoge.jpg -->
    と記述することで。
    <a href="/images/hoge.jpg"><img src="/images/hoge-thumb.jpg" title=hoge"></a>
    が生成されます。
    ダウンロード:


firefoxで動画を再生する場合、mozilla系ブラウザは<object>なタグは解釈できません。
でもって作ってみたのが、mplayerplug-in-extensionです。
やっていることは、onloadにフックして、<embed>タグを生成するというもの。
オフィシャルに「これいいんでない?」ってメールしたら、cvsに加えてもらえました。
最新は以cvsから取得してください。 http://cvs.sourceforge.net/viewcvs.py/mplayerplug-in/mplayerplug-in-extension/

2006/01/30


PyGTKを使ってクライアントを作ってみました。
動作確認はwindows上で行いましたが、おそらくlinux上でも動作します。

とりあえずバージョンは、0.01とします。
ほぼ数分で作ってしまったので、エラーハンドリングから何から何まで適当です。
まぁこれから・・・というところです。
#最近blosxomなんか使う人いない?

使用制限:pygtk2インストール済み
動作内容:カテゴリ、タイトル、本文からblosxomの記事を投稿します。
使用方法:blosxom-client.pywをダブルクリック
設定方法:設定ダイアログが無いため、以下のように設定願います。
%USERPROFILE%\.blosxom-client
server=[あなたのサーバ]
userid=[あなたのユーザID]
password=[あなたのパスワード]
publish_root=entriesまでのフルパス
ダウンロード:
blosxom-client-v001

追記:PyGTKのインストール方法

Pythonとは、マルチプラットフォームで動作するスクリプトインタプリタです。このblosxom-clientは、PythonからGUIを生成する為のライブラリPyGTKとFTPを使用してblosxomの記事を投稿します。
以下、そのインストール方法を記述します。(2006/02/02)

まずPythonのダウンロードページから、「Python 2.4.2 Windows installer」をダウンロードし、インストールします。
次に、PyGTK and gtkmm for Win32 から、PyGTKのWin32版である、pygtk-2.8.4-1.win32-py2.4.exeとpycairo-1.0.2-1.win32-py2.4.exeをダウンロードしてインストールします。
あとは、blosxom-clientを起動すればOKです。
ただし、設定画面がありませんので起動前に上記.blosxom-clientの設定が必要となります。