2017/11/11


これまでの Go の archive/zip には問題があり、zip ファイルに格納されるファイルのタイムゾーンが UTC になっていた為、日本であれば9時間ずれてしまうという問題があった。

これは zip の NTFS/UNIX/ExtendedTS extra fields を扱っていなかったのが問題。以前一度僕のパッチがマージされたが問題がありリバートされてしまっていた。

archive/zip: add FileHeader.Modified field - golang/go@6e8894d - GitHub

The ModifiedTime and ModifiedDate fields are not expressive enough for many of the time extensions t...

https://github.com/golang/go/commit/6e8894d5ffca9acc635e0d7298167122ed52ce55

この修正により、Reader は NTFS/UNIX/ExtendedTS extra fields を見る様になったので、圧縮した際のファイルのタイムスタンプが正しく扱えるようになった。Modified という属性が FileHeader に追加された。Reader は時刻拡張がある場合には ModTime と Modified が同じ物になる。Writer については Modified に自分のタイムゾーンの時刻を設定する必要がある。

header.Modified = header.Modified.In(time.Local)

もう1点、archive/zip には日本語のファイル名が正しく扱えないという問題があった。

archive/zip: add FileHeader.NonUTF8 field - golang/go@4fcc835 - GitHub

The NonUTF8 field provides users with a way to explictly tell the ZIP writer to avoid setting the UT...

https://github.com/golang/go/commit/4fcc835971ad63cf913ebe074ef6191e35a44ab9

以前僕が Golang の文字列は UTF-8 である事から archive/zip のヘッダに UTF-8 ビット(11)を立てる修正を入れたけど、このビットを立てるかどうかを決定できる NonUTF8 というフラグが追加された。この修正により、Reader は FileHeader の NonUTF8 フラグを参照し、ファイル名が UTF-8 かそうでないかを判断できる。zip のフォーマットにはファイル名が何で書かれているかは書かれていないので、そこはさすがに解凍する方が Shift_JIS 等に変換する必要がある。また Writer もこのフラグを立て、ファイル名を Shift_JIS に変換して書く事で Shift_JIS しか対応していない zip アーカイバでも読む事の出来る zip ファイルを作れる様になった。これでずいぶん長いあいだ解決してこなかった Go の archive/zip の問題は一通り修正された事になる。めでたい。


2017/11/08


追記

CreationFlags に直接指定出来ますね...

package main

import (
    "log"
    "os/exec"
    "syscall"
)

const (
    _IDLE_PRIORITY_CLASS = 0x40
)

func main() {
    cmd := exec.Command("notepad")
    cmd.SysProcAttr = &syscall.SysProcAttr{
        CreationFlags: syscall.CREATE_UNICODE_ENVIRONMENT | _IDLE_PRIORITY_CLASS,
    }
    err := cmd.Start()
    if err != nil {
        log.Fatal(err)
    }
    cmd.Wait()
}

追記ここまで

先日 GoCon に参加した際、牛乳を吹いてるアイコンの人に「Golang で優先度を変えてプロセスを起動するにはどうしたらいいんでしょうね」というお題を貰ったので書いてみました。

syscall には必要な API しか持ってないので API を持ってくるところが若干めんどくさいですが、出来る事は出来ます。プロセスをサスペンド状態で起動しておき、優先度を変更後にリジュームします。(起動後いきなり激しい動きをするヤバい奴がいない事もない)

package main

import (
    "log"
    "os/exec"
    "syscall"
    "unsafe"
)

const (
    _CREATE_SUSPENDED        = 0x00000004
    _IDLE_PRIORITY_CLASS     = 0x40
    _PROCESS_SET_INFORMATION = 0x0200
)

var (
    kernel32             = syscall.NewLazyDLL("kernel32")
    procSetPriorityClass = kernel32.NewProc("SetPriorityClass")
    procOpenThread       = kernel32.NewProc("OpenThread")
    procResumeThread     = kernel32.NewProc("ResumeThread")
    procThread32First    = kernel32.NewProc("Thread32First")
    procThread32Next     = kernel32.NewProc("Thread32Next")
)

func resumeChildThread(childpid interror {
    snapshot, err := syscall.CreateToolhelp32Snapshot(syscall.TH32CS_SNAPTHREAD, 0)
    if err != nil {
        return err
    }
    defer syscall.CloseHandle(snapshot)

    const _THREAD_SUSPEND_RESUME = 0x0002

    type ThreadEntry32 struct {
        Size           uint32
        tUsage         uint32
        ThreadID       uint32
        OwnerProcessID uint32
        BasePri        int32
        DeltaPri       int32
        Flags          uint32
    }

    var te ThreadEntry32
    te.Size = uint32(unsafe.Sizeof(te))
    ret, _, err := procThread32First.Call(uintptr(snapshot), uintptr(unsafe.Pointer(&te)))
    if ret == 0 {
        return err
    }
    for te.OwnerProcessID != uint32(childpid) {
        ret, _, err = procThread32Next.Call(uintptr(snapshot), uintptr(unsafe.Pointer(&te)))
        if ret == 0 {
            return err
        }
    }
    h, _, err := procOpenThread.Call(_THREAD_SUSPEND_RESUME, 1uintptr(te.ThreadID))
    if h == 0 {
        return err
    }
    defer syscall.Close(syscall.Handle(h))

    ret, _, err = procResumeThread.Call(h)
    if ret == 0xffffffff {
        return err
    }
    return nil
}

func main() {
    cmd := exec.Command("notepad")
    cmd.SysProcAttr = &syscall.SysProcAttr{
        CreationFlags: syscall.CREATE_UNICODE_ENVIRONMENT | _CREATE_SUSPENDED,
    }
    err := cmd.Start()
    if err != nil {
        log.Fatal(err)
    }

    hProcess, err := syscall.OpenProcess(_PROCESS_SET_INFORMATION, trueuint32(cmd.Process.Pid))
    if err != nil {
        log.Fatal(err)
    }
    r1, _, err := procSetPriorityClass.Call(uintptr(hProcess), uintptr(_IDLE_PRIORITY_CLASS))
    if r1 == 0 {
        log.Fatal(err)
    }
    syscall.CloseHandle(hProcess)

    resumeChildThread(cmd.Process.Pid)
    cmd.Wait()
}

2017/11/05


11/05、プログラミング言語 Go 言語のカンファレンス、GoCon に参加してきました。

今まで Go に色々コントリビュートしてきましたが、Go に関するイベントには一度も参加した事が無かったので、ゲストとして呼んでは頂きましたが、応募してもなかなか当選しない GoCon に呼んで頂けたのは、一参加者として嬉しい思いでした。

六本木ヒルズのメルカリ社で行われました。朝、会場に向かっていると前に座っていた人が突然声を掛けてきて「ファッ?」と驚きましたが、顔を上げると kaoriya さんが居てビックリしました。

実は今回、嫁に VimConf2017 と GoCon に参加するという話をした際、「は?トークを聞きに行くんでしょ?」と言われ、何度も「いや、僕が話しに行くねん」と説明しました。家族に理解を得るのは難しい物です。

六本木ヒルズ

会場はとても綺麗でした。

メルカリ社

トークが始まる前、会場のスクリーンに僕の無 修正アイコンが貼られており、なんとも言えない気持ちになりました。本当にありがとうございました。

トークは cubicdaiya さん、kaoriya さん、qt_luigi さんと僕の4人で色々なお話をさせて頂き、また皆さんのお話も聞かせて頂きました。僕一人じゃちょっと心細かったので非常に助かりました。オッサンギャグの一つでも言えば良かったなぁと後悔しております。普段、あまり表舞台に出ないので緊張したけれど、普段僕が Go についてどんな事を考えてるのか少しだけでも皆さんに伝えられて良かったと思います。

トークが終わった後、Gopher のTシャツを2枚貰いました。Gopher コレクションが増えて嬉しいです。

貰った

ちなみにこれまでの Go 関連のコレクションは Gopher の青い方のぬいぐるみTシャツブランケット でしたが、今回 Gopher のステッカーとピンクのぬいぐるみ、Tシャツ2枚が増えました。行って良かった。

帰りがけに fatih のトークを少しだけ見せて頂きました。時間が無くて途中で帰ってしまったけれど、その後も面白そうなトークが沢山あってとても羨ましい思いで帰りました。

運営されたメルカリさん、Google さん、トークに参加頂いた方々、そして僕の他愛もない話にお時間を取って頂いた参加者の皆さん、貴重な体験をありがとうございました。