2016/10/05


コマンドラインで標準入力をフィルタリングできる peco というソフトウェアがあり僕も開発メンバとして参加させて貰っているのですが、これに興味を持ってくれたとあるユーザから issue が来た。

Textual examples · Issue #349 · peco/peco · GitHub

Hello. I use screen readers to interact with the computer, such applications speaks for me what you ...

https://github.com/peco/peco/issues/349

こんにちわ。

readme でテキストによる例もしくは画像キャプチャの代替テキストを用意してくれませんか?私は盲目で画像を見ることができない。

僕らはこれまで当然の様に、Markdown で画像を貼る時に

![](http://mattn.kaoriya.net/images/logo.png)

という表記を使ってきたけど、本来この記法は代替テキストを置くことが出来る。

![This is mattn](http://mattn.kaoriya.net/images/logo.png)
そして GitHub ではこの Markdown を以下の HTML に変換する。
<img src="http://mattn.kaoriya.net/images/logo.png" alt="This is mattn" />

スクリーンリーダーを使うとこの alt 部分が(たしか text も?)が読み取られる。

この代替テキストがない文章は「以下の様に実行する。次に...」と言った感じに説明が飛ぶ事になる。

今後はなるべく「これ」とか「それ」にリンクを貼ったり、画像だけで説明すると言った事の無いように気を付けよう思った。代替テキスト大事。


2016/10/04


golang では配列をソートしたい場合に癖があり、Int や Float64、String といった固定の型であれば sort パッケージが提供する関数でソートが可能でしたが、独自の型や Int64 等といった sort パッケージが用意していない型の配列をソートするには Sorter というインタフェースを備えた型で扱うしかありませんでした。

package main

import (
    "fmt"
    "sort"
)

type Food struct {
    Name  string
    Price int
}

type Foods []Food

func (f Foods) Len() int {
    return len(f)
}

func (f Foods) Less(i, j intbool {
    return f[i].Price < f[j].Price
}

func (f Foods) Swap(i, j int) {
    f[i], f[j] = f[j], f[i]
}

func main() {
    foods := make([]Food, 3)
    foods[0= Food{Name: "みかん", Price: 150}
    foods[1= Food{Name: "バナナ", Price: 100}
    foods[2= Food{Name: "りんご", Price: 120}


    sort.Sort(Foods(foods))

    for _, food := range foods {
        fmt.Printf("%+v\n", food)
    }
}

この件に関して、GitHub の issues で多くの議論が行われました。

sort: make sorting easier, add Slice, SliceStable, SliceIsSorted, reflect.Swapper - Issue #16721 - golang/go - GitHub

Summary of problem 1. Vast majority of sort.Interface uses a slice 2. Have to define a new top level...

https://github.com/golang/go/issues/16721

僕も sort を簡単にする sorter というパッケージを公開したりもしていましたが、昨晩 sort.Slice, sort.SliceStable, sort.SliceIsSorted という3つの関数が master ブランチに入りました。

sort: add Slice, SliceStable, and SliceIsSorted - golang/go@22a2bdf - GitHub

Add helpers for sorting slices. Slice sorts slices: sort.Slice(s, func(i, j int) bool { if s[i].Foo ...

https://github.com/golang/go/commit/22a2bdfedb95612984cec3141924953b88a607b7

これにより上記のコードが以下の様にスッキリと書ける様になりました。

package main

import (
    "fmt"
    "sort"
)

type Food struct {
    Name  string
    Price int
}

func main() {
    foods := make([]Food, 3)
    foods[0= Food{Name: "みかん", Price: 150}
    foods[1= Food{Name: "バナナ", Price: 100}
    foods[2= Food{Name: "りんご", Price: 120}

    sort.Slice(foods, func(i, j intbool {
        return foods[i].Price < foods[j].Price
    })

    for _, food := range foods {
        fmt.Printf("%+v\n", food)
    }
}

とても良いですね。SliceStable は安定ソート、SliceIsSorted はそのスライスがソート済みかどうかを返します。

まぁあるべき姿になったという感じ。

みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】 みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】
松木雅幸, mattn, 藤原俊一郎, 中島大一, 牧 大輔, 鈴木健太
技術評論社 / ¥ 2,138 (2016-09-09)
 
発送可能時間:在庫あり。


2016/09/30


http://qiita.com/shuetsu@github/items/ac21e597265d6bb906dc

orelang を Java で実装してみた

わりとよくある JSON ベースの lisp っぽいインタープリタの実装ですが、コードを見ていてもよくわからなかったので自分で実装しなおしてみました。

package main

import (
    "encoding/json"
    "fmt"
    "log"
    "os"
)

func eval(env map[string]interface{}, v interface{}) interface{} {
    if vl, ok := v.([]interface{}); ok {
        return doRun(env, vl)
    }
    return v
}

func doRun(env map[string]interface{}, v []interface{}) interface{} {
    var r interface{}

    mn := v[0].(string)
    switch mn {
    case "step":
        for _, vi := range v[1:] {
            r = doRun(env, vi.([]interface{}))
        }
    case "until":
        for {
            c := eval(env, v[1])
            if c.(bool== true {
                break
            }
            r = doRun(env, v[2].([]interface{}))
        }
    case "get":
        return env[eval(env, v[1]).(string)]
    case "set":
        env[eval(env, v[1]).(string)] = eval(env, v[2])
        return v[2]
    case "=":
        return eval(env, v[1]).(float64== eval(env, v[2]).(float64)
    case "+":
        return eval(env, v[1]).(float64+ eval(env, v[2]).(float64)
    default:
        panic("Unknown operation: " + fmt.Sprint(v))
    }
    return r
}

func main() {
    source := `
["step",
  ["set", "i", 10],
  ["set", "sum", 0],
  ["until", ["=", ["get", "i"], 0], [
    "step",
    ["set", "sum", ["+", ["get", "sum"], ["get", "i"]]],
    ["set", "i", ["+", ["get", "i"], -1]]
  ]],
  ["get", "sum"]
]`

    var v interface{}
    err := json.Unmarshal([]byte(source), &v)
    if err != nil {
        log.Fatal(err)
    }

    env := make(map[string]interface{})

    defer func() {
        err := recover()
        if err != nil {
            fmt.Fprintln(os.Stderr, err)
        }
    }()
    fmt.Println(doRun(env, v.([]interface{})))
}

自分で書いた割に panic 前提なのが気に入らないし、そもそも orelang って同じ名前の言語持ってる。

GitHub - mattn/orelang: 俺言語

README.md orelang 俺言語 プログラミング言語の作り方 プログラミング言語の作り方(2) プログラミング言語の作り方(3) プログラミング言語の作り方(4) プログラミング言語の作り方...

http://github.com/mattn/orelang
みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】 みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】
松木雅幸, mattn, 藤原俊一郎, 中島大一, 牧 大輔, 鈴木健太
技術評論社 / ¥ 2,138 (2016-09-09)
 
発送可能時間:在庫あり。