2015/05/20


C++er ならみんな見てるいう噂の江添さんの ask.fm。見ているだけも面白いですが、質問もしたくなりますよね。

Ryou Ezoe | ask.fm/EzoeRyou
http://ask.fm/EzoeRyou

質問したいだけなのにいちいちブラウザ起動するのもダルいので、コマンドラインから質問を投げられるコマンド「ezoe」を作りました。

mattn/ezoe · GitHub
https://github.com/mattn/ezoe

インストールは簡単で golang が入ってる状態なら

$ go get github.com/mattn/ezoe

これだけで ok。使い方も簡単で

$ ezoe

とすると質問の一覧が色付きで表示される。

しかも「質問ではない」と「自由」がハイライトされるので江添フリークも安心。そして引数を付けて起動すると ask.fm に質問を投げられます。

$ ezoe 僕は梅干しが大好きです

あとは江添さんの回答を待つだけ。「質問ではない」って返事が返ってきたら素直に喜びましょう。

オマケ機能ですが、-u フラグで江添さん以外の人にも使えます。

$ ezoe -u mattn_jp golangをご覧ください

質問ではない。


2015/05/18


dufferzafar/cheat - GitHub

Cheatsheets for command line, because, you know, life is too short to read manpages.

https://github.com/dufferzafar/cheat

人生は短い。

$ go get github.com/dufferzafar/cheat

してインストール。ホームディレクトリ直下に .cheatsheets というフォルダを作り、そこに

jahendrie/cheat - GitHub
https://github.com/jahendrie/cheat

このリポジトリにある data フォルダ内のファイルをコピーすればよろし。

cheat - Create and view command-line cheatsheets.

Version: 0.5

Usage:
    cheat <command> [cheatsheet] [<args>]


Commands:
    show        Show cheats related to a command
    edit        Add/Edit a cheat
    list        List all available cheats
    config      Edit the config file
    help        Shows a list of commands or help for one command


Global Options:
    --help, -h          show help
    --version, -v       print the version


Examples:
    cheat show git              Shows git cheatsheet
    cheat show git -c 12        Copy the 12th git cheat

    cheat edit at               Edit cheatsheet named at
$ cheat edit curl

でエディタが起動するので自分で追加する事も可能。Windows 対応もしておきましたので、その内マージされるかも。

Support Windows by mattn · Pull Request #1 · dufferzafar/cheat - GitHub
https://github.com/dufferzafar/cheat/pull/1

2015/04/30


とは言っても焼き直しですが

Natural Order String Comparison

Natural Order String Comparison by Martin Pool Computer string sorting algorithms generally don't or...

http://sourcefrog.net/projects/natsort/

こにらにあった natsort を golang で焼きなおしてみました。

mattn/natural - GitHub
https://github.com/mattn/natural
package main

import (
    "fmt"
    "github.com/mattn/natural"
)

func main() {
    a := []string{
        "3",
        "1",
        "10",
        "2",
        "20",
    }
    natural.Sort(a)
    for _, s := range a {
        fmt.Println(s) // 1 2 3 10 20 
    }
}

ファイル名をソートする場合等に便利そうです。