2009/01/27

Recent entries from same category

  1. Google Reader Full FeedをFirefox3.6対応した。
  2. グー!ググググー!ルッキングーでございます。(エドはるみグリモン書いた)
  3. Qaaに回答を投げるMinibufferコマンド書いた
  4. Minibufferから「We Heart It」出来るグリモン「weheartit.user.js」書いた
  5. 2008/04/04 Firefox3 Beta5でGoogle Readerで記事表示部分が真っ白け

よく検索エンジンなんかでtwitterの発言が引っかかった時、@付きの会話があり話の前後を辿ってみたりする事があります。
非常にめんどくさいですね。

例えば先日あったkuさんとの会話の一部が見つかったとしましょう。
http://twitter.com/ku/status/1136652052
twitter-20090127
http://twitter.com/ku/status/1136652052
この発言から会話の前後を辿るには、時刻が記述されたリンクをポチポチとクリックして行くしかなく、とても大変な手間になります。

これを簡単に知る方法はないか...あります。

twitterは検索機能を持っているのですが、この結果に会話の前後を辿る機能があるのです。試しに「mattn_jp ku」という検索語で検索し、結果にある「Show Conversation」という部分をクリックしてみましょう。
twitter-search-result-20090127
綺麗に会話のツリーが出ますね。この「Show Conversation」は、search.twitter.com の http://search.twitter.com/search/thread/{ステータスID} からのHTML出力結果をインライン表示している処理になっています。
つまり、上記の
http://twitter.com/ku/status/1136652052
から会話のツリーを得るには
http://search.twitter.com/search/thread/1136652052
にアクセスすれば良い事が分かります。
但しインライン用に用意されたHTMLなのでCSSも付きませんし、ドメインが twitter.com ではなく、search.twitter.com なので twitter が使っている jQuery で get メソッド呼び出しする事も出来ません。
ここはいたし方無くGrasemonkeyと行きましょう。twitterのタイムラインのHTMLにはmicroformatと共に返信があるかどうかを示すクラス属性値「reply」が付いています。これが付いているステータスのみ「Show Conversation」を付け、クリックしたらインラインで会話を表示する物を作ってみました。
twitter-show-conversation
タイムラインに「Show Conversation」と付いているリンクをクリックすると、前後の会話が表示されます。何気に便利かもしれません。
ソースはこの辺においておきます。
宜しければどうぞ。
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus