2009/08/17

Recent entries from same category

  1. 災害報告にtwitterを使うという提案
  2. ぼくが知ってる twitter じゃない
  3. サイトの新着はてなブックマークフィードのdelicious版みたいなのを作った。
  4. microformatsでWebページにメタデータを埋め込む
  5. 今さら聞くのは恥ずかしい「microformatsとは何か?」

ReverseHttp面白いですね。
ReverseHttp

Tunnel HTTP over HTTP, in a structured, controllable, securable way. Let programs claim part of URL space, and serve HTTP, all by using an ordinary HTTP client library.

http://www.reversehttp.net/
ただ勘違いされやすいのが「何がReverseなの」という部分。通常ブラウザからリクエストが送信され、それに対する応答がサーバから返されます。ReverseHttpはサーバで何かアクションが起きた場合に、ブラウザ側がその通知を受信する...なんて事が出来るプロトコルです。仕組みはcometというlong pollに似た仕組みで、サイトのdemoを観るとなんなく理解出来るかと思います。
例えば何が出来るのか...

ローカルPC内で動作するファイアウォール内のwebアプリを外部に公開する

rubyにhookoutというライブラリがあり、これを使用するとrackアプリがさも外部に公開されているかの様に振舞う事が出来ます。
paulj's hookout at master - GitHub

Expose Ruby applications to the web via ReverseHTTP

http://github.com/paulj/hookout/tree/master
グローバルIPが無くても、webアプリを公開出来るなんて素晴らしい!
なお、ReverseHttpはプロトコルですのでhookout以外にも同様のソフトウェアはあります。例えばmiyagawaさんが書いたAnyEvent::ReverseHttpに含まれるeg/proxy.plを使うとローカルPC内のwebアプリを外部に公開する事が出来ます。

外部で起きたアクションをローカルPCに通知させる

例えば、はてなブックマークで自分のサイトがブックマークされた瞬間にデスクトップPCが反応したらどうしますか?
スターを付けに行きませんか(笑)?ReverseHttpを使えば出来るのです。


今日はこの「はてなブックマーク通知」をやってみたいと思います。
使う材料は以下の通り。
  • hookout : 上記で紹介したrackアプリを公開するライブラリ
  • sinatra : ruby製webアプリケーションフレームワーク
  • ruby_gntp : snakaさん作のruby用Growl For Windowsインタフェース
こんだけ。
上記のサイトからhookoutを取得してインストールし、以下のsinatraアプリケーションを作成します。
my-hatebu-growler.rb
require 'rubygems'
require 'sinatra'
require 'ruby_gntp'
  
growl = GNTP.new
growl.register({
  :app_name => "はてブ",
  :notifies => [{
   :name     => "hatenabookmark",
    :enabled  => true,
  }]
})

post '/' do
  return "ng" if params[:status] !~ /add|update/
  user = params[:username]
  text = "#{params[:comment]}\r\r#{params[:title]}\r#{params[:url]}"
  icon = "http://www.hatena.ne.jp/users/#{user[0,2]}/#{user}/profile.gif"
  p params[:status]
  growl.notify({
    :name  => "hatenabookmark",
    :title => user,
    :text  => text,
    :icon  => icon,
  })
  'ok'
end
config.ru
require 'my-hatebu-growler'
set :run, false
run Sinatra::Application
これを以下の様に起動します。
hookout -a http:/www.reversehttp.net/reversehttp -n my-hatebu-growler-application -R config.ru start

my-hatebu-growler-applicationの部分は適当な物に変えて下さい。

起動すると以下の様に出力されます。
Bound to location http://my-hatebu-growler-application.www.reversehttp.net/
このURLを、はてなブックマークにwebhook登録します。
hatebu-webhook
あとは、じっとブクマされるのを待ちます。










hatebu-growler
デタ━━━゚(∀)゚━━━!!

秋の夜長に、こんなツールお一つどうでしょうか。


追記1
HTTP::Engine::Interface::ReverseHTTPもあるよとmiyagwawaさんに教えてもらいました。
hookout for HTTP::Engineらしいです。

追記2
例では分かり易くする為にwebhook APIのキー認証を省いていますが、本当はちゃんと判定する必要があります。

追記3
PerlでHTTP::Engine::Interface::ReverseHTTPを使ってみた。ネットワークGrowlにはアイコンが使える仕組みがないのが残念。

blog comments powered by Disqus