2015/03/10

Recent entries from same category

  1. Vim で Go 言語を書くために行った引越し作業 2020年度版
  2. Vim をモダンな IDE に変える LSP の設定
  3. ぼくがかんがえたさいきょうの Vim のこうせい 2019年 年末版
  4. VimConf 2019 を終えて
  5. clangd を使う時に便利なコマンド compiledb

Vim には netrw というファイラが付属しています。引数にディレクトリを渡すとディレクトリブラウザが開き、HTML のある URL を指定するとダウンロードされた HTML が開き、scp:// の様なプロトコルを指定するとそれにあったファイルの開き方をしてくれます。

最近のモダンな Vim 使いの多くは、NERDTreevimfiler を使っているのですが、正直僕は vim からファイルを操作はしない。思考停止せずに目的のファイルを見つけ出したいし、ファイル操作はファイル操作としてシェルからやりたい。なので深い階層のファイルを見つける為の目的として CtrlP を使ってるし、カレントディレクトリのファイル一覧を出すのに NERDTree を使っていた。

でも NERDTree 遅いなー。ツライなー。そんな風に思っていた時にこれを見つけた。

justinmk/vim-dirvish - GitHub

dired on a diet

https://github.com/justinmk/vim-dirvish

filebeagle をベースとしてとことん小さくしたプラグイン。README には「Note: there are still some bugs. This plugin isn't ready to use yet.」と書かれているけど僕は乗り換えてしまった。

僕は手癖で

$ vim .

とする癖があるのだけど、その時に出るファイル一覧が netrw も NERDTree もとにかく遅い。思考が停止しそうでイラッとする。でも dirvish だと一瞬で開く。本当にファイル操作したいなら :sh で shell やコマンドプロンプトに戻ればいいだけなので僕にはこれが目的にあったプラグインなのです。こういうminimumでenoughなのが僕は好きです。

Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus