2013/07/10

Recent entries from same category

  1. C言語から分かりやすいAPIで扱える JSON パーサ「cJSON」
  2. C++ で STL フレンドリに扱えるJSONパーサ「json.hpp」
  3. SSE を使わなくても HTML エスケープはある程度速くできる。
  4. glib を使ったマイクロフレームワーク「balde」
  5. ODBC 接続なアプリケーションの開発が楽になる C++ ライブラリ nanodbc

おなじみC/C++から使えるJSONライブラリを紹介するコーナー。まずは過去のまとめ。
最近は結構 matsuu さんのブクマから見つけて記事を書いてたけど今日はそうじゃない所からご紹介。
Jansson — C library for working with JSON data

Jansson Jansson is a C library for encoding, decoding and manipulating JSON data. It features: Simpl...

http://www.digip.org/jansson/
特徴としては
  • 簡単で直感的な API とデータモデル
  • 包括的なドキュメント
  • 他のライブラリへの依存がない
  • ユニコードのフルサポート (UTF-8)
  • 徹底したテストスーツ
こんな感じ。いつもの様にサンプル。Twitter API がバージョン 1.1 になって認証無しでは殆ど機能しなくなったので github API を使う。
#include <assert.h>
#include <string.h>
#include <memory.h>
#include <curl/curl.h>
#include <jansson.h>

typedef struct {
  char* data;   // response data from server
  size_t size;  // response size of data
} MEMFILE;

MEMFILE*
memfopen() {
  MEMFILE* mf = (MEMFILE*) malloc(sizeof(MEMFILE));
  if (mf) {
    mf->data = NULL;
    mf->size = 0;
  }
  return mf;
}

void
memfclose(MEMFILE* mf) {
  if (mf->data) free(mf->data);
  free(mf);
}

size_t
memfwrite(char* ptr, size_t size, size_t nmemb, void* stream) {
  MEMFILE* mf = (MEMFILE*) stream;
  int block = size * nmemb;
  if (!mf) return block; // through
  if (!mf->data)
    mf->data = (char*) malloc(block);
  else
    mf->data = (char*) realloc(mf->data, mf->size + block);
  if (mf->data) {
    memcpy(mf->data + mf->size, ptr, block);
    mf->size += block;
  }
  return block;
}

char*
memfstrdup(MEMFILE* mf) {
  char* buf;
  if (mf->size == 0return NULL;
  buf = (char*) malloc(mf->size + 1);
  memcpy(buf, mf->data, mf->size);
  buf[mf->size] = 0;
  return buf;
}

int
main() {
  CURL* curl;
  MEMFILE* mf = NULL;
  char* js = NULL;
  int i;

  mf = memfopen();

  curl = curl_easy_init();
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_URL, "https://api.github.com/legacy/repos/search/unko");
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, 0);
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_WRITEDATA, mf);
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_WRITEFUNCTION, memfwrite);
  curl_easy_perform(curl);
  curl_easy_cleanup(curl);

  js = memfstrdup(mf);
  memfclose(mf);

  json_error_t error;
  json_t *result = json_loads(js, 0, &error);
  if (result == NULL) {
    fputs(error.text, stderr);
    goto leave;
  }
  json_t *repositories = json_object_get(result, "repositories");
  json_t *repository;
  json_array_foreach(repositories, i, repository) {
    printf("%s/%s%s\n",
      json_string_value(json_object_get(repository, "username")),
      json_string_value(json_object_get(repository, "name")),
      json_string_value(json_object_get(repository, "description")));
  }

  json_decref(result);
leave:
  free(js);
}
実行結果
mizzy/unko: テスト用
satorunet/unko: 
siyo/unko: unko
kotatsumikan/unko: ファイルの内容を「うんこ」に変換するコマンドです。
karr3304/unko: ブログシステム
t11086/unko: 勉強中
keamano/unko: うんこアプリ
nmbakfm/unko: install unko command on your PC
nanananamememe/unko: 
fivestar/unko: test
smellman/unko: まるでくそのようだ
susuhushi/unko: github
kjwtnb/unko: いろいろと書き捨て
kamiyama/xunko: unko
FromAtom/Test: Unko
tam33363/unko_wave: 
konyavic/unko-curry: 
konishika/unko_ng: 
oilfield/unko_hakken: oilfield
tanaton/unko2ch: 2ちゃんねる過去ログ転送サービス
kenmaz/cocos2d_UnkoYoke: simple unko game
mattn/Plack-Middleware-ReplaceToUnko: plack middleware for replacing images to shit image that referer from external sites.
legokichi/superUnkoChanLv200: roombaProgramming
Plavender/Unkown: 
omomuron/unkonow: 
FanPF/unkown: I don't  kown
ThievingSix/UnkosAMI: 
nakajijapan/unkore_iphone: iPhone Game - Bureau of Nakajima Cleansing
比較する物としては parson が一番近いです。parson は各JSON 型がそれぞれ別のC言語型として扱われている為、value と object/array/number/boolean/string といったデータ型の交換が必要で、parson では json_value_get_array という関数の様に value → array という型変換はもちろん、array 内要素の value から目的の型への変換が必要になったりします。
しかし jansson の場合は全て json_t 型のポインタで交換されていて、特に型交換する必要もなく、型チェックが必要な場合は json_is_array という関数でチェックが可能なのでとても直感的に、かつシームレスに処理が書けます。
そして parson の一番の欠点としてシリアライザが無い事が挙げられますが、jansson には存在します(json_dumps等)。
この点から見て、僕が把握しているC言語から使えるJSONパーサだと、現状 jansson が一番扱いやすいと思います。
ライセンスはMIT、チュートリアルが少ないですがAPIドキュメントはしっかり書いてあります。

ぜひ仕事でも使って行きたいと思います。

blog comments powered by Disqus