2009/07/07

Recent entries from same category

  1. C言語から分かりやすいAPIで扱える JSON パーサ「cJSON」
  2. C++ で STL フレンドリに扱えるJSONパーサ「json.hpp」
  3. SSE を使わなくても HTML エスケープはある程度速くできる。
  4. glib を使ったマイクロフレームワーク「balde」
  5. ODBC 接続なアプリケーションの開発が楽になる C++ ライブラリ nanodbc

kazuhoさんがやってくれました。
ずいぶん前からjsonをC++でパース(SAXじゃなくてDOM)するのに小さいライブラリないかなーと思ってました。個人的にはjson-cというのを使ってたのですが、幾らか気に入らない所があったりビルドが少し手間だったりしていました。STLしか使わなくてvectorとかmapで表現されるツリー構造な物が欲しいなぁって思ってたんです。
とあるIRCで昨日、kazuhoさんと「ほしいですよねー」という話から始まって、githubにあるjsonxxとかも物色しながら「いいのないねー」とか言ってたらkazuhoさんが「もすこし綺麗に書けそう」って言い出して朝から本格的に書き始めてついさっき出来上がりました。速いw
名前はpicojson
とても小さく、実装コードだと300数十ステップ程です。しかもヘッダファイルだけなので管理が楽です。

試しにwassrのpublicタイムラインをパースしてみました。
コードはこんな感じ。
curlのコードではなく、jsonのパース部分を見てください。
#include <curl/curl.h>
#include "../picojson.h"

typedef struct {
  char* data;   // response data from server
  size_t size;  // response size of data
} MEMFILE;

MEMFILE*
memfopen() {
  MEMFILE* mf = (MEMFILE*) malloc(sizeof(MEMFILE));
  mf->data = NULL;
  mf->size = 0;
  return mf;
}

void
memfclose(MEMFILE* mf) {
  if (mf->data) free(mf->data);
  free(mf);
}

size_t
memfwrite(char* ptr, size_t size, size_t nmemb, void* stream) {
  MEMFILE* mf = (MEMFILE*) stream;
  int block = size * nmemb;
  if (!mf->data)
    mf->data = (char*) malloc(block);
  else
    mf->data = (char*) realloc(mf->data, mf->size + block);
  if (mf->data) {
    memcpy(mf->data + mf->size, ptr, block);
    mf->size += block;
  }
  return block;
}

char*
memfstrdup(MEMFILE* mf) {
  char* buf = (char*)malloc(mf->size + 1);
  memcpy(buf, mf->data, mf->size);
  buf[mf->size] = 0;
  return buf;
}

using namespace std;
using namespace picojson;

int
main(int argc, char* argv[]) {
  char error[256];

  MEMFILE* mf = memfopen();
  CURL* curl = curl_easy_init();
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_URL, "http://api.wassr.jp/statuses/public_timeline.json");
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_ERRORBUFFER, &error);
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_WRITEFUNCTION, memfwrite);
  curl_easy_setopt(curl, CURLOPT_WRITEDATA, mf);
  if (curl_easy_perform(curl) != CURLE_OK) {
    cerr << error << endl;
  } else {
    value v;
    string err;
    parse(v, mf->data, mf->data + mf->size, &err);
    if (err.empty()) {
      array arr = v.get<array>();
      array::iterator it;
      for (it = arr.begin(); it != arr.end(); it++) {
        object obj = it->get<object>();
        cout << obj["user_login_id"].to_str() << ": " << obj["text"].to_str() << endl;
      }
    } else {
      cerr << err << endl;
    }
  }
  curl_easy_cleanup(curl);
  memfclose(mf);

  return 0;
}
こんなに短いコードでアプリが作れる!
STLに慣れた人ならイメージ沸くかと思います。すばらしい!
こういうのが欲しかったんです。
ただまだ出来上がったばっかりですしバグはあるかもしれません。また高機能にするつもりもないでしょうから使用目的を選ぶのが先決かと思います。
ライセンスはBSDとの事なので、バイナリ配布も可能です。

share - Revision 34226: /lang/cplusplus/picojson/trunk

picojson

http://svn.coderepos.org/share/lang/cplusplus/picojson/trunk/
ありがたや、ありがたや。

追記
kazuhoさんも記事を書いてますんでそちらも...
Kazuho@Cybozu Labs: 今更 C++ で JSON パーサ「picojson」を書いたわけ
http://developer.cybozu.co.jp/kazuho/2009/07/c-json-picojson.html

blog comments powered by Disqus