2016/04/07

Recent entries from same category

  1. Vim で Go 言語を書くために行った引越し作業 2020年度版
  2. Vim をモダンな IDE に変える LSP の設定
  3. ぼくがかんがえたさいきょうの Vim のこうせい 2019年 年末版
  4. VimConf 2019 を終えて
  5. clangd を使う時に便利なコマンド compiledb

ちょっと使えるかも(?)しれない、正規表現 - Qiita

ただ、get と set の後に続く文字がキャメルケースになってません。(もう少し頑張ればなんとかなるかも?)

http://qiita.com/hirokapi/items/d3c8193ed9d2751e2751

Vim では置換文字列 \1 等の前に \u を付ける事で対象文字列を大文字に変換できます。詳しくは :help sub-replace-special を参照して下さい。ちなみにリンク先の例だと

%s/^\(.\)\(.*\)$/    private String &;\r\r    public String get\u\1\2() {\r        return &;\r    }\r\r    public void set\u\1\2(String &) {\r        this.& = &;\r    }\r/g

この様になります。先頭文字と後続文字を別のサブマッチに分け、\1 のみを大文字にします。若干間違いあるのでコメント欄参照ください。

ちなみに、僕の場合はこういった変換はマクロを使う事が多いです。Windows10 だと標準で入ってた XBox に録画機能があったので試してみました。

How to make java setter and getter with vim macro from mattn on Vimeo.

vimeo で字幕を入れてあるので字幕が見たい人は動画右下をクリックして字幕表示を切り替えて下さい。

Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus