2008/08/06

Recent entries from same category

  1. clangd を使う時に便利なコマンド compiledb
  2. VimConf 2018 に行ってきた。
  3. Software Design 2018年7月号「Vim 絶対主義」の執筆に参加しました。
  4. Vim の :terminal の中から外の Vim を操る方法
  5. Vim と日本語入力の話。

家では貧弱なマシンを使っているので、極力重い処理は避けたいと色んな設定を入れています。その一つにperlのファイルを開いた際に"ftplugin/perl.vim"がINCを調べるのに実行する
perl -e 'print join(q/,/,@INC)'
というコマンドの抑制。ただ単にperlのモジュールパスを調べるいるだけなんですが、ファイルを開くだけでperlを実行されるのも...という方には以下の設定をvimrcに追加すると実行されなくなります。
let g:perlpath="XXX"
このXXXには上記コマンドの実行結果を設定します。
Windows系ならば
perl -e "print join(q/,/,@INC)"
で得られる文字列となります。ActivePerlだとおそらく
let g:perlpath = "c:/perl/site/lib,C:/perl/lib"
と設定すれば良いかと思います。

ま、最近の人はリッチなマシン使ってる人多いから、メリット無いかな。
ちなみにUNIX系でperlのバージョン上げたりするとモジュールパスが変りますので再度この設定をし直す必要があります。ご注意を。
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus