2018/11/05

Recent entries from same category

  1. Zenn で Twitter bot 作成入門を書いた。
  2. プログラマーのための新しい情報共有コミュニティ Zenn で本を書いてみた。
  3. Windows ユーザは cmd.exe で生きるべき 2020年版
  4. golang でメモ専用コマンド「memo」作った。
  5. シェルで作る Twitter Bot 作成講座

Let's Encrypt という無料の SSL を提供しているサービスがあり、これを簡単に操作できる CLI として Lego というツールがあります。以前から Lego に MyDNS をサポートして貰おうとプルリクエスト を送っていたのですが、ようやく本日マージされました。

環境変数 MYDNSJP_MASTER_IDMYDNSJP_PASSWORD を設定した上で以下の様に実行すると登録されます。

$ lego -m your@email.com -a -x http-01 -x tls-alpn-01 --dns mydnsjp -s https://acme-staging-v02.api.letsencrypt.org/directory -d xxx.mydns.jp -d *.xxx.mydns.jp run

また更新したい場合は以下の様に実行して下さい。

$ lego -m your@email.com -a -x http-01 -x tls-alpn-01 --dns mydnsjp -s https://acme-staging-v02.api.letsencrypt.org/directory -d xxx.mydns.jp -d *.xxx.mydns.jp renew

ワイルドカードなサブドメインも簡単に扱えます。また certbot をインストールするには python が依存していたりと少し面倒でしたがシングルバイナリの Lego で便利になりました。

Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus