2015/01/23

Recent entries from same category

  1. Go言語で Lisp 処理系を作った。
  2. Go 言語のスライス挿入ベンチマーク
  3. Go 言語で変数のシャドウイングを避けたいなら shadow を使おう。
  4. Go 言語の struct の実体を引数で(なるべく)渡せない様にするテクニック
  5. Oracle Cloud Function でしりとりした。

lingr で動かしてたしりとりbotをtwitterでも動く様にしてみました。

mattn/siritori-bot - GitHub
https://github.com/mattn/siritori-bot

golang で書かれています。sirtori_bot につぶやくと...

といった具合にしりとりで返信してくれます。辞書データは以下のURLにある「萌色用語の基礎知識」を利用させて頂きました。

通信用語の基礎知識 ダウンロード

ファイル 本体 マニュアルと辞書本体です。 マニュアル 通信用語の基礎知識(WDIC) 電算用語の基礎知識(TECH) 科学用語の基礎知識(SCI) 萌色用語の基礎知識(MOE) 文化用語の基礎知識(...

http://www.wdic.org/download.shtml

ソースコードで参考になる所はほぼありませんが、適当に遊んで下さい。

Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus