2019/11/12

Recent entries from same category

  1. コメントも扱える高機能な C++ 向け JSON パーサ「jsoncpp」
  2. C++ で flask ライクなウェブサーバ「clask」書いた。
  3. C++ 用 SQLite3 ORM 「sqlite_orm」が便利。
  4. zsh で PATH に相対パスを含んだ場合にコマンドが補完できないのは意図的かどうか。
  5. mruby-tflite を Coral Edge TPU 対応した。

先日、Gopls の v0.2.0 がリリースされました。

v0.2.0
https://github.com/golang/go/issues/33030#issuecomment-549629508

リリースノートに書かれていますが、このバージョンから completeUnimported に対応しています。fmt が import されていなくても fmt.Println が補完できる様になります。ただしデフォルトでは無効になっています。Visual Studio Code であれば以下を settings.json に含める事で使える様になります。

"gopls": {
    "completeUnimported": true
},
vscode

また vim-lsp をお使いであれば以下の様に設定する事で使える様になります。

if executable('gopls')
  augroup LspGo
    au!
    autocmd User lsp_setup call lsp#register_server({
        \ 'name''go-lang',
        \ 'cmd'{server_info->['gopls']},
        \ 'whitelist': ['go'],
        \ 'workspace_config'{'gopls'{
        \     'staticcheck': v:true,
        \     'completeUnimported': v:true,
        \     'caseSensitiveCompletion': v:true,
        \     'usePlaceholders': v:true,
        \     'completionDocumentation': v:true,
        \     'watchFileChanges': v:true,
        \     'hoverKind''SingleLine',
        \   }},
        \ })
    autocmd FileType go setlocal omnifunc=lsp#complete
    autocmd FileType go nmap <buffer> gd <plug>(lsp-definition)
    autocmd FileType go nmap <buffer> ,n <plug>(lsp-next-error)
    autocmd FileType go nmap <buffer> ,p <plug>(lsp-previous-error)
  augroup END
endif

僕はその他にも実験的なオプションを沢山有効にしています。詳しくは gopls の settings.md を参照下さい。

settings.md
https://github.com/golang/tools/blob/master/gopls/doc/settings.md

これらは Visual Studio Code の gopls セクションでも使えますし、同様に vim-lsp の workspace_config でも使えます。

Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus