2009/10/29

Recent entries from same category

  1. sudo の特権昇格バグはなぜ起こったのか
  2. mongoose ウェブサーバと TensorFlow Lite を使った Object Detection API サーバを書いた。
  3. C++ な WebServer 実装 crow と TensorFlow Lite を使って Object Detection の API サーバを書いた。
  4. MRuby の TensorFlow Lite バインディングを書いた。
  5. flatten() に再帰は必要ない

C言語ってlambdaが書けないのでGUIのコールバックなんかを作る場合には関数を用意しなければならないのですが...
Lambda abstractions in C++ vs. Scheme

1. Simple lambda-expressions

#define Lambda(args,ret_type,body) \
class MakeName(__Lambda___) { \
public: ret_type operator() args { body; } }
http://okmij.org/ftp/c++-digest/Lambda-CPP-more.html
なるほどねー。これなら
Lambda((int a, int b), int, return a+b) foo;

std::cout << foo(1, 2) << std::endl; // 3
こんな書き方も出来る訳か。ただGUIなんかのコールバックだと関数ポインタが必要だし、operator()のアドレスなんて取る必要もないからstaticで宣言した関数ポインタで十分かな。

fltkだとこんな感じにmainの外に関数宣言しなくても良くなるね。
/* g++ -I Develop/fltk c.cxx -L Develop/fltk/lib -lXi -lfltk2 -lXft -lXinerama -lXcursor */
#include <fltk/Window.h>
#include <fltk/Button.h>
#include <fltk/ask.h>
#include <fltk/run.h>
#include <stdlib.h>

int main(void) {
#define lambda(args,ret_type,block) \
    class { public: static ret_type func args {block;} }

    lambda((fltk::Widget* wid, void* data), void, fltk::alert("don't click!")) button_clicked;

    fltk::Window w(0, 0, 300, 100, "lambda window");
    w.begin();
    fltk::Button b(10, 10, 280, 80, "click me!");
    b.callback(&button_clicked.func, 0);
    w.end();
    w.show();

    return fltk::run();
}

fltk-lambda-callback

mainしか宣言したく無い人にはいいかも。
先日知ったんだけど、最近のVisual Studioに付いてるコンパイラだと
auto func [&](int a, int b) -> int { return a+b; };

std::cout << func(1, 2) << std::endl;
こんな書き方が出来るらしい
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus