2008/09/18

Recent entries from same category

  1. C++ な WebServer 実装 crow と TensorFlow Lite を使って Object Detection の API サーバを書いた。
  2. MRuby の TensorFlow Lite バインディングを書いた。
  3. flatten() に再帰は必要ない
  4. Windows 10 に AF_UNIX が来たので試してみた。
  5. C言語から分かりやすいAPIで扱える JSON パーサ「cJSON」

色々やってたら、出来た。これで が動く様になるのではないか!
地味な作業だったけど、以外と効果は大きいかも。今日は時間無いので明日以降にソース綺麗にしてオフィシャルにパッチを送ってみようかと思ってます。
ちなみにUNIXドメインソケットなmemcachedは動きません。(win32ですからね...)

mingw32でコンパイルすると、こんなソースがコンパイル実行出来ました。
#include <winsock2.h>
#include <memcached.h>
#include <stdio.h>

int main(void) {
    memcached_return rc;
    memcached_st *memc;
    char* value;
    int value_length = 0;
    int flags = 0;

    WSADATA wsaData;
    if (WSAStartup(MAKEWORD(2, 0), &wsaData) != 0) {
        return -1;
    }
    memc = memcached_create(NULL);;
    rc = memcached_server_add(memc, "127.0.0.1", 11211);
    printf("server add: %s\n", memcached_strerror(memc, rc));

    rc = memcached_set(memc, "test", 4, "example", 8, 0, 0);
    printf("set: %s\n", memcached_strerror(memc, rc));

    value = memcached_get(memc, "hoge", 4, &value_length, &flags, &rc);
    printf("get: %s\n", memcached_strerror(memc, rc));
    printf("test = %s\n", value);

    memcached_free(memc);
    return 0;
}
汚いソースを見たいという方はこの辺を...
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus