2011/07/29

Recent entries from same category

  1. Vim で Go 言語を書くために行った引越し作業 2020年度版
  2. Vim をモダンな IDE に変える LSP の設定
  3. ぼくがかんがえたさいきょうの Vim のこうせい 2019年 年末版
  4. VimConf 2019 を終えて
  5. clangd を使う時に便利なコマンド compiledb

普段twitterするときはtwitvimというvimscriptを使ってvimからやってるのだけど、たいがいこういうのって自分の思う機能が実装されていなかったり、違う実装になっていたりする。
TwitVim - Twitter client for Vim : vim online

TwitVim is a Vim plugin that allows you to post to Twitter and view Twitter timelines.

http://www.vim.org/scripts/script.php?script_id=2204
twitvim - Twitter Client for Vim - Google Project Hosting

A Twitter client written in Vim script. See http://vim.sourceforge.net/scripts/script.php?script_id=...

http://code.google.com/p/twitvim/
twitvimも例外なく僕の欲しい機能がなかったりする。例えば
  • <leader>vなんかでそのツィートのpermalinkを開いてほしい
  • 入力中に今何文字入力しているか確認したい
  • 公式RTじゃなくて軟式RT(非公式RT)が使いたい
てな感じ。でもコードを弄ると最新バージョン出た時にマージが大変。
こういうときは外側からそのスクリプトを弄る。

でもtwitvimの関数の殆どは"s:"で始まるスクリプトスコープ。外側からは触れません。ただしhack無しの場合。
スクリプトスコープの関数は、実はSNRという装飾が付いた関数名になっていて、例えば function s:launch_browser(url)
と宣言された関数を外部から呼び出すには <SNR>39_launch_browser
と装飾キーとスクリプト番号を付与してあげれば呼び出しが可能。このスクリプト番号とはスクリプトファイル1つに対して1つ割り当てられた数値。
:scriptnames
で確認出来ます。またファイル名でひっかけなくてもcommandコマンドの結果から抜き取る事も出来ます。 silentredir => commands
silentcommand PosttoTwitter
silentredir END
let g:twitvim_sid = substitute(split(commands, "\n")[-1], '^.*<SNR>\(\d\+\)_.*$''\1''')
あとはこのSIDを使って、mapしたり関数を呼び出したりすればok。
例えば↑のpermalinkを開く改造であれば function! TwitVimShowInBrowser()
  silentredir => json
  silent! TwitVimShowCurbuffer
  silentredir END
  let curbuffer = eval(substitute(json, "\n"'''g'))
  let id = get(curbuffer.statuses, line('.'))
  if id != 0
    let user = substitute(curbuffer.buffer[line('.')-1], ':.*''''')
    let url = "http://twitter.com/".user."/statuses/".id
    call function('<SNR>'.g:twitvim_sid.'_launch_browser')(url)
  endif
endfunction
この様に書ける訳です。スクリプトスコープで無いと参照する事が出来ない関数を呼び出しています。 こうかけば非公開関数であるはずのlaunch_browser()を呼び出す事が出来ます。
同じ要領で、文字数をカウントしてみましょう。twitvimはコマンドラインからツィートを投げたりするのですが、コマンドラインは入力のフックがとても難しいのです。 function! TwitVimShowMessageLength()
  let line = getcmdline()
  if expand('<sfile>') !~ 'CmdLine_Twitter'
    return line
  endif
  echo ""
  redraw
  echohl WarningMsg
  echo function('<SNR>'.g:twitvim_sid.'_mbstrlen')(line) . " character(s)"
  echohl None
  redraw
  silent sleep 1
  return line
endfunction
cnoremap <c-g> <c-\>eTwitVimShowMessageLength()<cr>
getcmdline()関数で現在のカーソル位置情報を退避しておき、現在の文字数を非公開関数mbstrlen()から得て表示。1秒経ったら元に戻すという物。これで :PosttoTwitter
とした後、タイプ中に「今何文字目だろう?確認するには投げてみるしかないし、長すぎたら消えて履歴から戻せないんだよな。」って時でもCTRL-gをタイプすれば文字数が分かる様になります。

さて、最後の軟式RTについてですが実はtwitvimには手動RTのインタフェースが既に定義されている。でもキーマッピングされていない為にどこからも呼び出す事が出来ない。おそらく公式RTポスト処理を実装した時に軟式RTポスト処理をそのままにしたのだろう。 exe "nnoremap <buffer> <leader>q :call <SNR>".g:twitvim_sid."_Retweet()<cr>"
こうすれば呼び出せる。
全体のコードだと以下の様になる。
functions:TwitVimSetup()
  if has('win32')
    let g:twitvim_browser_cmd = 'rundll32 url.dll,FileProtocolHandler'
  else
    let g:twitvim_browser_cmd = 'w3m'
  endif

  silentredir => commands
  silentcommand PosttoTwitter
  silentredir END
  let g:twitvim_sid = substitute(split(commands, "\n")[-1], '^.*<SNR>\(\d\+\)_.*$''\1''')

  function! TwitVimShowIcon()
    silentredir => json
    silent! TwitVimShowCurbuffer
    silentredir END
    let curbuffer = eval(substitute(json, "\n"'''g'))
    let id = get(curbuffer.statuses, line('.'))
    if id != 0
      let user = substitute(curbuffer.buffer[line('.')-1], ':.*''''')
      exec "OpenBrowser http://api.dan.co.jp/twicon/".user."/bigger"
    endif
  endfunction

  function! TwitVimShowInBrowser()
    silentredir => json
    silent! TwitVimShowCurbuffer
    silentredir END
    let curbuffer = eval(substitute(json, "\n"'''g'))
    let id = get(curbuffer.statuses, line('.'))
    if id != 0
      let user = substitute(curbuffer.buffer[line('.')-1], ':.*''''')
      let url = "http://twitter.com/".user."/statuses/".id
      call function('<SNR>'.g:twitvim_sid.'_launch_browser')(url)
    endif
  endfunction

  function! TwitVimShowMessageLength()
    let line = getcmdline()
    if expand('<sfile>') !~ 'CmdLine_Twitter'
      return line
    endif
    echo ""
    redraw
    echohl WarningMsg
    echo function('<SNR>'.g:twitvim_sid.'_mbstrlen')(line) . " character(s)"
    echohl None
    redraw
    silent sleep 1
    return line
  endfunction
  cnoremap <c-g> <c-\>eTwitVimShowMessageLength()<cr>

  function! TwitVimUserMap()
    nnoremap <buffer> <leader>t :FriendsTwitter<cr>
    nnoremap <buffer> <leader>T :RepliesTwitter<cr>
    exe "nnoremap <buffer> <leader>q :call <SNR>".g:twitvim_sid."_Retweet()<cr>"
    nnoremap <buffer> <leader>i :call TwitVimShowIcon()<cr>
    nnoremap <buffer> <leader>V :call TwitVimShowInBrowser()<cr>
    if has('win32') && !has('gui_running')
      exe "noremap <char-206><char-199> ".maparg("<c-pageup>")
      exe "noremap <char-206><char-210> ".maparg("<c-pagedown>")
    endif
  endfunction

  autocmd FileType twitvim call TwitVimUserMap()

  silentdelcommand UseVimball
endfunction
autocmd VimEnter * call s:TwitVimSetup()
vimrcに足して使ってます。
ちなみにUseVimballコマンドを消しているのはUserTwitterと被って補完を間違う事が多い為。

この方法さえ分かれば、貴方もVim Hackerですね!どんどん他人のスクリプトを改造してしまいましょう!
Posted at by | Edit