2008/11/13

Recent entries from same category

  1. Vim で Go 言語を書くために行った引越し作業 2020年度版
  2. Vim をモダンな IDE に変える LSP の設定
  3. ぼくがかんがえたさいきょうの Vim のこうせい 2019年 年末版
  4. VimConf 2019 を終えて
  5. clangd を使う時に便利なコマンド compiledb

Gist GitHubが提供するコードスニペットサービス(という言い方で良いのかな?)、「Gist」をvimから扱えるvimscript「Gist.vim」を書いた。
内部はcurlコマンドを使っており
  • 一覧
  • 閲覧
  • ポスト
  • プライベートポスト
が出来る様になっています。導入にはcurlコマンドとgitコマンドが必要です(コマンドライン版gistコマンドやrubyは必要ありません)。ただし、グローバル変数に"github_user"と"github_token"さえ設定していればgitコマンドも必要ありません。
使い方は、適当にバッファを開いて :Gist
とすればポストされ、公開URLがコマンドライン上に表示されます。
またビジュアル選択して :'<,'>Gist
で部分的にポストする事も出来ます。なお引数として :Gist -p
もしくは--private
を指定するとprivateモードでポストします。 GistのIDが分かっている場合には :Gist XXXXX
とID指定でgistを開く事も出来ます。
さらに :Gist -la もしくは--listall
で全ユーザの最新gist一覧 :Gist -l mattn もしくは--list mattn
でユーザ指定一覧、といった使い方も出来ます。

現在、github上で開発を進めておりvim.orgでも公開しています。
よかったら使ってみて下さい。

Posted at by | Edit