2008/01/31

Recent entries from same category

  1. Vim で Go 言語を書くために行った引越し作業 2020年度版
  2. Vim をモダンな IDE に変える LSP の設定
  3. ぼくがかんがえたさいきょうの Vim のこうせい 2019年 年末版
  4. VimConf 2019 を終えて
  5. clangd を使う時に便利なコマンド compiledb

vimを使っていて開いているバッファ全てからあるキーワードを検索したい場合、「vimgrep」コマンドを使っています。開いているファイルの拡張子を指定して
:vimgrep /sometext/ *.c *.h
と実行したり、実際開いているファイル名を羅列したりする事があります。検索結果の一覧もクイックフィックス「clist」で確認出来ます。
でもこれだと保存していないと結果に現れませんし、幾ら拡張子で絞っても余計なファイルがマッチしてしまう可能性があります。

今日のtipsはvim-dev MLに流れたスレッドからご紹介

「vimgrep」を実行するとクイックフィックスが作成されますが、このクイックフィックスに検索結果を追加する「vimgrepadd」というコマンドがあります。
これを全てのバッファに対して実行するように「bufdo」コマンドを絡めます。
:bufdo vimgrepadd /sometext/ %
なるほどね...

ちなみにスレッドの中で「クイックフィックスをクリアするには単にcexpr ""でいける」とBram Moolenaar氏が書いてます。

見えてるバッファだけで実行する場合は「bufdo」の代わりに「windo」が使えますね。
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus