2008/07/29

Recent entries from same category

  1. Vim で XML Reformat
  2. Lingr Radar For Linuxってのを書いた
  3. デスクトップアプリケーションでも認証可能なOAuth「xAuth」をpythonから試してみた。
  4. Mumblesを使ったGitHubのGrowl通知アプリケーションを作った。
  5. Python2.6にはcursesのバイナリが含まれていないので作る

まずは素晴らしい出だしだと思う。
google-app-engine-oil - Google Code
Yet another web framework on Google App Engine.

Google App Engine Oil (GAEO) is an open-source web framework running on Google App Engine. It enables the web development on App Engine quick and less configurations.

http://code.google.com/p/google-app-engine-oil/
railsを狙ってるのかなぁ。
これから勉強を始めますが、まずは1分でアプリが作れてしまうという素晴らしい所をご紹介します。

Google App Engine Oil(GAEO)は、上記URLからダウンロード(もしくはsvn trunk取得)して下さい。
"gaeo/bin"にパスが通っている状態から説明します。

アプリケーションテンプレートの作成

gaeoコマンドで生成します。
# gaeo.py hello
The hello project has been created.
これだけでも動きます。試しに
# cd hello
# dev_appserver.py .
...
としてブラウザで"http://localhost:8080/"を開くと
gaeo1
いう画面が起動します。これだけでも実はモデルやディスパッチャやコントローラが生成され、テンプレートが用意されているのでいきなりコーディングが始められます。

コントローラの作成

gaeogenコマンドで生成します。
# gaeogen.py controlller say
Creating application/templates/say/ ...
Creating say.py
これでsayコントローラが生成されます。中身は
from gaeo.controller import BaseController

class SayController(BaseController):
    pass
こんな感じ。あとはこれを少し修正して
#!-*- coding:utf-8 -*-
from gaeo.controller import BaseController

class SayController(BaseController):
  def hello(self):
    self.render(text = 'こんにちわ世界')
とし、"http://localhost:8080/say/hello"にアクセスすると"こんにちわ世界"と表示されます。また"templates/say/"に"hello.html"を以下の様に作成し
こんにちわ {{ word }}
先ほどのsay.pyを以下の様に書き換えます。
#!-*- coding:utf-8 -*-
from gaeo.controller import BaseController

class SayController(BaseController):
  def hello(self):
    self.render(
        template = 'hello',
        values = { 'word' : '世界' }
    )
これでテンプレートを使ったページが出来上がります。

目新しい点

私はここに注目しました。
これまでjsonやxmlをGAEから出力する際には、Content-Typeの設定が必要であったりしましたがGAEOならば上記textやtemplateと同じ様に

#!-*- coding:utf-8 -*-
from gaeo.controller import BaseController

class SayController(BaseController):
  def hello(self):
    self.render(
        xml = '<xml />',
    )
としたり
#!-*- coding:utf-8 -*-
from gaeo.controller import BaseController

class SayController(BaseController):
  def hello(self):
    self.render(
        json = '{ word : "Hello, World!" }',
    )
とするだけで、正しいContent-Typeを返してくれるようになります。

期待したい所

リクエストパラメータself.paramsでパラメータをdictとして受け取れたり、self.sessionで簡単にセッションが扱えたりと開発者にとって扱いやすいフレームワークになっていると思われます。
ただ現状gaeogenコマンドではcontrollerしか生成出来ていません。おそらく今後modelの生成も出来る様になるかと思いますので今後に期待したいです。出来ればrails相当になってくれれば良いですね。

まだちゃんと勉強してないのでこれから色々調べていきます。
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus