2009/11/23


とは言っても、freenodeのWebインタフェース使ってJSONやり取りして、発言するだけの物。以前C++で作った全裸botの簡易版といった所か。
動かすと、freenodeの"golang-daisuki"(仮)にJOINして「郷です!ジャパーーーン!」と発言した後に死亡します。
嫌がらせには持って来いですね。

package main

import (
  "fmt";
  "http";
  "bytes";
  "json";
  "strings";
  "io";
)

func get_json(url string, data map[string]string) json.Json {
  q := "";
  for key, val := range data {
    if (len(q) > 0) { q += "&" }
    q += fmt.Sprintf("%s=%s", key, http.URLEscape(val));
  }
  bb := &bytes.Buffer{};
  bb.Write(strings.Bytes(q));
  // freenodeはPOSTメソッドでGETクエリをおくらなきゃ駄目
  r, err := http.Post(url + "?" + q, "application/x-www-form-urlencoded", nil);
  if err == nil {
    b, _ := io.ReadAll(r.Body);
    r.Body.Close();
    j, _, _ := json.StringToJson(string(b));
    return j
  }
  return nil
}

func get_sid(nick string) string {
  j := get_json("http://webchat.freenode.net/e/n", map[string]string{"nick":nick});
  return j.Elem(1).String();
}

func login(nick string) (string, string) {
  sid := get_sid(nick);
  for {
    j := get_json("http://webchat.freenode.net/e/s", map[string]string{"s":sid});
    if j == nil {
      break;
    }
    for i := 0; i < j.Len(); i++ {
      data := j.Elem(i);
      println(data.String());
      if (data.Elem(0).String() != "c") {
        continue;
      }
      if (data.Elem(1).String() == "433") {
        nick += "_";
        sid = get_sid(nick);
      }
      if (data.Elem(1).String() == "376") {
        return sid, nick;
      }
    }
  }
  return "", "";
}

func join(sid string, room string) bool {
  j := get_json("http://webchat.freenode.net/e/p", map[string]string{"s":sid, "c":"JOIN " + room});
  if j == nil {
    return false;
  }
  return true;
}

func say(sid string, room string, msg string) bool {
  j := get_json("http://webchat.freenode.net/e/p", map[string]string{"s":sid, "c":"NOTICE " + room + " :" + msg});
  if j == nil {
    return false;
  }
  return true;
}

func main() {
  nick := "go-japan";
  sid, _ := login(nick);
  if (len(sid) > 0) {
    if (join(sid, "#golang-daisuki")) {
      say(sid, "#golang-daisuki", "郷です!ジャパーーーン!");
    }
  }
}
作ってみた感想としては、httpまわりにもう少しPOSTに便利なメソッドが欲しいのと、Postメソッドのデフォルトがcheckedになっている(Postメソッドでは変えれない)ので古くさいサーバで動かないんじゃないかと思ったり。

ただC++版に比べて幾らか短く書けたし、今回のコードでは例外等処理してないけど、例外処理を書きたくなった時にも簡単に実装が出来るのも分かった。

ところでpublicメソッドはメソッド名を先頭大文字にするってルールはいいけど、少しだけオモチャっぽく感じてしまうのは私だけだろうか。
Posted at by



2009/11/14


amachangのtwitterタイムラインの奴をhttp.Getでやってみた。
早速 Go 言語を試してみる! - IT戦記

http.Get は何故か動かなかったので net.Dial を使った。

http://d.hatena.ne.jp/amachang/20091111/1257928890

こうかな?わかりません><
package main

import (
    "fmt";
    "json";
    "io";
    "http";
)

func main() {
  if r, _, err := http.Get("http://twitter.com/statuses/public_timeline.json"); err == nil {
    b, _ := io.ReadAll(r.Body);
    j, _, _ := json.StringToJson(string(b));
    for i := 0; i < j.Len(); i++ {
      data := j.Elem(i);
      fmt.Printf("%s: %s\n",
        data.Get("user").Get("screen_name"),
        data.Get("text"));
    }  
  }
}

今日、始めてGo触ってみたけど、重大な欠点を見つけた。
# vi twitter.go
コードかきかき...
# 8g twitter.go
うし!コンパイルだ!
twitter.go:7: imported and not used: net
おろっエラーだ
# vi twitter.go
直すぞ!直すぞ!
# !8
もっかいコンパイルだ!
bash: !8: event not found
><
言語仕様で、multiple-valueをちゃんとmultiple-valueで受けないといけないのが堅すぎる気がする。
pythonとかC++とか言われてるけど、私はluaなんじゃないかと思った。
Posted at by



2009/11/13


goを弄ってるといちいち8g(5g?)とか8l(5l?)とかでコンパイル、ビルドする手間が必要なんだけど、これってquickrun.vimの設定で便利になるんじゃないか?と思ったので設定した。
thincaさんバージョンのquickrun.vimを入れた後、vimrcで以下の様に記述する。
let g:quickrun_config = {
\  'go': {
\    'command''8g',
\    'exec': ['8g %s', '8l -o %s:p:r %s:p:r.8', '%s:p:r %a', 'rm -f %s:p:r']
\  }
\}
環境によっては8g/8lを書き換える必要があります。
あとは拡張子goのファイルで<leader>r(mapleaderを設定してなければ\r)で、コンパイル、リンク、実行までやってくれて、まるでスクリプト言語を書いている様な開発効率が得られる!

thinca++
Posted at by