2013/04/12

Recent entries from same category

  1. Go に go:embed が入った。
  2. os/signal に NotifyContext が入った。
  3. 画像に再生マークつけるだけのコマンド作った。
  4. Go言語で Lisp 処理系を作った。
  5. Go 言語のスライス挿入ベンチマーク

DSAS開発者の部屋:gitでバイナリファイルを気軽に扱えるフィルターを作りました

gits3 は Python でプロトタイプを作った後、 go で作りなおしました。

http://dsas.blog.klab.org/archives/52105107.html
S3、1年たったらタダちゃうし、Dropbox 使いたいよ... ってことで作ってみました。
mattn/git-dropbox - GitHub

Simulate hg largefile on git with dropbox Introduction When we want to add lar...

https://github.com/mattn/git-dropbox
使い方は DSAS さんのブログと同じです。まずインストール。
$ go get github.com/mattn/git-dropbox
~/.gitconfig.git/config にフィルタを登録します。
[filter "dropbox"]
    clean = git-dropbox store
    smudge = git-dropbox load
そしてリポジトリに .gitattributes というファイルを作り、以下の様にフィルタを割り当てます。
*.png  filter=dropbox
*.jpeg filter=dropbox
*.jpg  filter=dropbox
*.gif  filter=dropbox
あとは普通に git add するだけで、dropbox の Apps/git-store というフォルダに格納されていきます。
初回だけ、ブラウザが自動で起動しますのでそこで許可ボタンを押して頂く必要があります。
ローカルにもキャッシュを持っているので、他のユーザと共有する場合は、~/.gitasset/data というフォルダを rsync しておけばOKです。
もしくは dropbox 側で共有するというのもアリかもしれません。
なお、git-dropbox には -nocache というオプションもあるので、上記フィルタの登録時に
[filter "dropbox"]
    clean = git-dropbox -nocache store
    smudge = git-dropbox -nocache load
-nocache を指定しておけばディスク容量が気になる方には良いかもしれません。

ちなみにコマンドラインから
$ git dropbox store fugafuga.txt < fugafuga.txt
$ git dropbox load fugafuga.txt
$ git dropbox drop fugafuga.txt
$ git dropbox list
という使い方も出来ます。
どうぞお役立て下さい。
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus