2012/11/19

Recent entries from same category

  1. gRPC のサービスが簡単に作れるライブラリ「lile」
  2. CreateFile で FILE_SHARE_DELETE を指定するとどうなるか
  3. Visual Studio Code で ssh 先のファイルを編集する方法
  4. 虫が入り込むその瞬間
  5. ダウンロードの進捗プログレスバー実装は可能か

redmineをwebで使っていると色々とイライラする事が多く、どうしてもコマンドラインから操作したくなった。
しかしコマンドラインから redmine を操作できる物で気に入った物が無かったのでGo言語で自作するに至った。まずライブラリ
mattn/go-redmine - GitHub
https://github.com/mattn/go-redmine
残念ながら API は全て出揃ってなくて対応状況は以下の様な感じ。
API Implements
Issues 100%
Projects 100%
Project Memberships 100%
Users 0%
Time Entries 100%
News 100%
Issue Relations 100%
Versions 0%
Wiki Pages 0%
Queries 0%
Attachments 0%
Issue Statuses 100%
Trackers 100%
Enumerations 100%
Issue Categories 100%
Roles 100%
Groups 0%
とりあえず issues 関連は出来てるので、これを使うコマンドラインプログラムを書いた。
$ go get github.com/mattn/go-redmine/godmine
名前は中二病っぽいけど「godmine」という名前にした。
使い方は、例えば issue の一覧であれば
$ godmine issue list
もしくは
$ godmine i l
issue の登録は
$ godmine issue create "なんてこった" "大変だ!"
みたいにするか
$ godmine issue append
で起動するテキストエディタ(環境変数EDITORを参照しunix改行コードが扱えるテキストエディタのみ使用可能)で
### Subject Here ###
### Description Here ###
上記の部分を書き換えて保存終了する。
設定ファイルは ~/.config/godmine/settings.json に(Windows では %APPDATA%/godmine/settings.json)
{
    "endpoint""http://redmine.example.com",
    "apikey""アクセスキー",
    "project"1
}
の様に書く。Project Id は URL から調べて下さい。なお、環境変数 GODMINE_ENV を「foo」に設定すると「settings.foo.json」が読まれるので、複数のプロジェクトを扱う場合は
$ GODMINE_ENV=foo godmine issue append
とうい感じに使える。以下現状サポートしてるコマンド
gotmine [arguments]

Project Commands:
  add      a create project with text editor.
             $ godmine p a

  create   c create project from given arguments.
             $ godmine p c name identifier description

  update   u update given project.
             $ godmine p u 1

  show     s show given project.
             $ godmine p s 1

  delete   d delete given project.
             $ godmine p d 1

  list     l listing projects.
             $ godmine p l

Issue Commands:
  add      a create issue with text editor.
             $ godmine i a

  create   c create issue from given arguments.
             $ godmine i c subject description

  update   u update given issue.
             $ godmine i u 1

  show     s show given issue.
             $ godmine i s 1

  delete   d delete given issue.
             $ godmine i d 1

  close    x close given issue.
             $ godmine i x 1

  notes    n add notes to given issue.
             $ godmine i n 1

  list     l listing issues.
             $ godmine i l

Membership Commands:
  show     s show given membership.
             $ godmine m s 1

  list     l listing memberships of given project.
             $ godmine m l 1

User Commands:
  show     s show given user.
             $ godmine u s 1

  list     l listing users.
             $ godmine u l
管理者権限があればプロジェクトを消す事も出来ます。なんて怖い!
issue の close(x) は、ステータス一覧の先頭から見て close にチェックされている最初のステータスで issue を閉じます。
元はと言えば Windows で ruby の動作が遅すぎるのが嫌で作り始めましたが、linux でも動きます。

まだ作り始めたばかりなので、欲しい機能があれば入れていくつもりです。

基礎からわかる Go言語 基礎からわかる Go言語
古川 昇
シーアンドアール研究所 / ¥ 2,376 (2012-11-21)
 
発送可能時間:在庫あり。


アジャイルサムライ−達人開発者への道− アジャイルサムライ−達人開発者への道−
Jonathan Rasmusson
オーム社 / ¥ 2,808 (2011-07-16)
 
発送可能時間:在庫あり。


blog comments powered by Disqus