2016/03/28

Recent entries from same category

  1. SSE を使わなくても HTML エスケープはある程度速くできる。
  2. glib を使ったマイクロフレームワーク「balde」
  3. SQLite3でカジュアルにズンドコキヨシ
  4. C/C++ 向けシングルヘッダライブラリ mmx
  5. C++ の数式パーサ Lepton で遊んでみた。

Windows で C++ を使い、データベースの接続先を選ばないアプリケーションを書くのであれば ODBC 接続が一つの選択肢になります。しかし ODBC 接続のアプリケーションを書くのは非常に骨の折れる仕事です。

データの取得 - eternalwindows.jp
http://eternalwindows.jp/windevelop/odbc/odbc05.html

SQLAllocHandle によるハンドルの作成を事ある毎に行わなければなりません。そんな ODBC を使ったアプリケーションの開発を楽にしてくれそうなのが nanodbc です。

nanodbc

A small C++ wrapper for the native C ODBC API.

https://lexicalunit.github.io/nanodbc/

Windows で ODBC のシステムDSNに「mattn」という名前の接続情報を作り、今回は SQLite3 の ODBC ドライバを割り当てました。

odbc

コードも SQLAllocHandle が頻出しないのでとても綺麗に掛けます。

#include <nanodbc.h>
#include <algorithm>
#include <cstring>
#include <iostream>

using namespace std;

int
main(int argc, char* argv[]) {
  try {
    nanodbc::connection conn("DSN=mattn");
    cout << "Connected with driver " << conn.driver_name() << endl;
    execute(conn, "drop table if exists example;");
    execute(conn, "create table example(id integer primary key, content text);");

    nanodbc::statement stmt(conn);
    prepare(stmt, "insert into example(content) values(?);");
    stmt.bind(0"ふー");
    nanodbc::result result = execute(stmt);
    cout << "\nAffected " << result.affected_rows() << " rows";

    nanodbc::result rows = execute(conn, "select * from example;");
    cout << "\nDisplaying " << rows.affected_rows() << " rows ";
    cout << "(" << rows.rowset_size() << " fetched at a time):" << endl;
    const short cols = rows.columns();
    for(short i = 0; i < cols; i++)
      cout << rows.column_name(i) << "\t";
    cout << endl;

    while(rows.next()) {
      for(short i = 0; i < cols; i++)
        cout << "(" << rows.get<string>(i, "null") << ")\t";
      cout << endl;
    }
  } catch(const exception& e) {
    cerr << e.what() << endl;
    return 1;
  }
}

/* vim:set et sw=2 cino=j2: */

ただしあまり C++ ぽさが無いので物足りない人もいるかもしれません。ライセンスは MIT です。


blog comments powered by Disqus