2013/02/05

Recent entries from same category

  1. Go 言語の Language Server「gopls」が completeUnimported に対応した。
  2. sudo の特権昇格バグはなぜ起こったのか
  3. mongoose ウェブサーバと TensorFlow Lite を使った Object Detection API サーバを書いた。
  4. C++ な WebServer 実装 crow と TensorFlow Lite を使って Object Detection の API サーバを書いた。
  5. MRuby の TensorFlow Lite バインディングを書いた。

サーバを運用していらっしゃる方であれば、サービスの停止は死に値します。
大事な事なのでもう一度言います。

サーバを運用していらっしゃる方であれば、サービスの停止は死に値します。


サーバ管理者は皆、突然の死に備えるべきです。

そんな過酷な場面に立ち向かうサーバ管理者の皆さんの苦労を少しでも軽減する為に、apache モジュールを書きました。
mattn/mod_suddendeath - GitHub

突然の死!

https://github.com/mattn/mod_suddendeath
まずコンパイルしてインストールします。
apxs -ci mod_suddendeath.c -lhttpd -lapr-1
そして apache を再起動します。

サービスが動作しているディレクトリの .htaccess に以下を書き込みます。

SetHandler suddendeath
すると
このようなメッセージがブラウザに出力されます。簡単ですね!メンテナンスに最適です。なお、メッセージを変える事も出来ます。.htaccess
SuddenDeathMessage 突然の死
SetHandler suddendeath
SuddenDeathMessage によるメッセージ指定も出来ますし
SuddenDeathFile /path/to/your/suddendeath.txt
SetHandler suddendeath
ファイルでの指定も可能です!!

もちろん改行をちゃんと判定していますので例えば
      突然の

DanKogai Not Found
この様なテキストを SuddenDeathFile に設定すれば
ちゃんと余白を埋めて、幅も計算して出力してくれます!(utf-8で指定する必要があります)

これで万が一のサービスダウンやメンテナンスがあっても心配ありませんね!
ぜひお役立て下さい。
Posted at by | Edit


blog comments powered by Disqus