2018/06/07

いつもは Software Design で「Vim の細道」という連載記事を担当していますが、7月号はお休みさせて頂き Vim 特集「Vim 絶対主義」の執筆に参加させて頂きました。

ソフトウェアデザイン 2018年7月号 ソフトウェアデザイン 2018年7月号

技術評論社 / ¥ 1,318 (2018-06-18)
 
発送可能時間:通常4~5営業日以内に発送

テキストエディタ「Vim」は開発環境の選択肢の1つとして、世界中のエンジニアに選ばれ続けています。

ランキングによってはIDE(統合開発環境)にも引けを取らないほどのユーザ数の多さを示していますが、一体Vimの何が、これほどまで人々を惹きつけているのでしょうか。

本特集ではVimを触ったことがないという入門者向けに、vi/Vimの歴史の解説から環境ごとのインストール、基本操作、設定方法、プラグインの入れ方まで手厚く解説しています。

手元の環境にVimを入れて実際に動かすことで、「なぜVimなのか」の答えがわかるかもしれません。

Vim の歴史を紐解き、なぜこんな操作方法になっているのか、なぜそれが良いのかといった分析、インストール方法、基本操作(とは言ってもこれだ知っていれば十分)、設定方法、プラグインの導入方法など、Vim を知る上で必要な物がこの1冊に収まっています。今回はなんとあの Vimmer とあの Vimmer、そしてなんとあの Vimmer が執筆に参加しています。ぜひお手に取って読んで頂きたいです。何度も繰り返し読んで頂ける特集になれば嬉しいです。

Posted at 18:39 | WriteBacks () | Edit
Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.






















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.