2008/04/10

pythonにはxmlrpclibがあり、常駐型のSimpleXMLRPCServerやCGIから使えるCGIXMLRPCRequestHandlerというとても有用なモジュールが存在します。
たとえば
def plus(num1, num2):
    return num1 + num2
という関数をXMLRPCサーバから公開したい場合
from SimpleXMLRPCServer import CGIXMLRPCRequestHandler
handler = CGIXMLRPCRequestHandler()
handler.register_function(plus)
handler.handle_request()
とすれば出来上がります。
またモジュールとしてインタフェースを提供したい場合は
class Foo:
    def plus(self, num1, num2):
        return num1 + num2
というインタフェースに対して
from SimpleXMLRPCServer import CGIXMLRPCRequestHandler
handler = CGIXMLRPCRequestHandler()
handler.register_instance(Foo())
handler.handle_request()
こうすれば出来上がり。
先ほど、NabeAtzz APIをXMLRPCとして呼び出せるインタフェースを作りました。
エントリポイントは
http://mattn.appspot.com/nabeatzz_xmlrpc
となります。試しにpythonでXMLRPC Clientを作成し呼び出してみます。
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
from xmlrpclib import ServerProxy

api = ServerProxy("http://mattn.appspot.com/nabeatzz_xmlrpc")
for n in range(1, 11):
  res = api.nabeatzz(n)
  print "%s : %s" % (res['number'], res['japanese'])
  if res.has_key('nabeatzz'):
    for c in res['nabeatzz']:
      print "  %s" % c
コードはこんな感じでしょうか。これを実行すると正しく
1 : いち
2 : に
3 : さん
  アホになる
4 : よん
5 : ご
  犬っぽくなる
6 : ろく
  アホになる
7 : なな
8 : はち
9 : きゅう
  アホになる
10 : じゅう
  犬っぽくなる
という結果が得られました。
Posted at 21:35 | WriteBacks () | Edit
Edit this entry...

wikieditish message: Ready to edit this entry.






















A quick preview will be rendered here when you click "Preview" button.